10

前年から、父親の月給が減り暮しが苦しくなってきました。

今までは現職の音量も数多く、残業価格だけでも5万円はありました。

今期に入ってから、現職が減速し勿論残業価格は無心に。

 

キッズは両人ともお金が掛かるクラスに加え、食欲も旺盛なので

食費もメチャメチャになりません。

無論私も働いていますが、しょうもないエレメントなので

手取りは10万円ほどだ。

 

父親の月給が伸び悩むのなら、わたしが正社員で動く以外ないのだけれど

いったん正社員を辞めた40価格の夫人の職業探しは必ず難しいだ。

前年から既存利益タックスもグンと高くなり、生計は悲鳴を決める目前だ。

 

航海も外食もしない。

栄華をしていないのに、こんなに暮しがしんどいなんて

実際溜め息しかでません。

これで支出タックス10百分率になったお日様にはどうなるのかって

不安なデイリーだ。