01

どのような副業をしたいのかというのは人によってできることとできないことというのがありますから選択肢において言えばそこまで広いというわけではないです。

自分ができることから本業ではなく副業としてやるようなことを決めるというのはそこまで悪いことではないでしょう。

或いは物を売ったりするということも副業になり得ることを理解しておきましょう。副業というのは自分のスキルに合わせて実行することができるのであればそれは最高なことになります。

何かスキルがあればそれを活用できれば最も効率よく稼ぐ事ができるようになりますから、例えばプラグラマーなどであればちょっとした請負の仕事を短期でやったりするとよいことになるでしょう。