09

倹約家と言えば聞こえはいいですが、なるべくお金を使わずに生活する人を私は不幸せな人生を送っていると思っていました。お金は使うために存在するのであって、溜め込んでおくべきものではないと考えていたからです。

最近では、お金を貯めることが生きがいになりつつあります。もしもの時に自分の身を守ってくれるのはお金だと思うようになったのです。大抵のことはお金で解決できるので、そのような考えに至りました。

将来的に年金額が大幅に減らされるかもしれないので、一定額を貯金に回すことは自分自身の老後資金になります。年老いる前に病気になったときも安心です。退屈に感じることもありますが、お金にまつわる不安な気持ちがなくなりました。